ペアローンの離婚による一本化など解決|ペアローン離婚相談センター|大阪府和泉市 東京都千代田区

夫婦の住宅ローン・ペアローン・連帯債務の一本化、解消、借り換え、任意売却など、24時間相談受付

ペアローン離婚相談センター

HOMEお知らせ ≫ 共有名義のままであることのリスク② ≫

共有名義のままであることのリスク②

ペアローンを残したまま離婚した場合、他の家で新しい生活を始めた相手方が住宅ローンを滞納することはあります。最悪の場合、自宅を差し押さえられたりすることもあります。住宅ローンが残っていなくても、元夫がその共有持分を担保にして借金をしたり、税金の滞納をしたりすれば、同様なことが起こります。また、共有持ち分を売却されてしまうことも考えられます。
このように、離婚した夫婦が、共有で不動産を持つことは、大変なリスクがともなうことになります。


 


お問い合わせ
2019年09月12日 10:05
ペアローン離婚相談センター 0120-10-7771
[営業時間]
平日9:00~18:00
時間外・土日祝日も対応
(要予約)
東京相談センター
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-1-6
渡東ビルANNEXⅡ304
03-5823-4641

モバイルサイト

ペアローン離婚相談センタースマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら