ペアローンの離婚による一本化など解決|ペアローン離婚相談センター|大阪府和泉市 東京都千代田区

夫婦の住宅ローン・ペアローン・連帯債務の一本化、解消、借換え、任意売却など、24時間相談受付

ペアローン離婚相談センター

HOME ≫

ペアローン相談センターのご案内

代表あいさつ

離婚夫婦2
ペアローン相談センターのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
当センターでは、離婚に伴うペアローンの処理について一連のサービスを提供しております。
手続きについては、お客様の状況によりアプローチの手段が異なります。たとえば、離婚協議のアドバイスから入ることもありますし、すでに離婚しているにも関わらず、何年もペアローンのまま放置しているというお客様の相談も多くあります。
 
当然のことながら、全く同じ悩みを抱えてるという方はおられません。しかし、突き詰めると次のようなお悩みに集約されるようです。

 
・いくつかの銀行に融資の申し込みをしたが、全て断られた
・所得が足りないので、融資の申し込み自体できない
・数年前に離婚したが、ペアローンを放置したまま一人で全額を支払い続けている
・一本化までの手続きの流れが複雑すぎて面倒だ
・一本化できないことは理解しているが、どのような対策を打てるのか知りたい
・贈与税や所得税といった税金がたくさんかかりそうで心配

 
「まさに今悩んでることだ」と思われた方、そして相談するかどうか迷っておられる方、ご安心ください。

離婚にともなうペアローン問題の解決手段は、必ずあります。

私どもでは、一本化が可能であるかということも含め、まずはご夫婦が手続き方法を知ることが大事であると考えております。

手続きが終了するまでの期間は、平均して2~3か月程度かかることになります。したがって、まずは私どもにご相談いただくことが時間を有効に使うことに繋がるといえます。
ご夫婦そろって訪れるご相談者様も多くおられます。お気軽にご相談ください。


 

ペアローン問題の背景

離婚夫婦1
夫婦共働きが当たり前の世の中になり、ご自宅の不動産の所有関係も夫の単有から夫婦共有名義で所有するケースが増えることになりました。それに伴い、住宅ローンもペアローンや連帯債務で借り入れるパターンが多くなりました。ローン控除なのどの有利な制度があることもこれらが増えた後押しになっているようです。
画像1
しかし、ペアローンや連帯債務を利用して、不動産を購入するご夫婦が増えたことから、それらのローンを組んだことによるトラブルも多くみられるようになりました。たとえば、ご夫婦のうち一方が仕事を辞めたとか、ある事情で資産を持つことが出来なくなったとか理由は様々ですが、なかでも離婚による事案が多く、また問題の解決も複雑になります。

銀行の窓口対応

事例紹介
あなたが、夫婦のどちらかにローンを一本化したいと思った時、まずは現在の借入先の銀行に相談することを思いつきませんか。しかし、銀行員はこのような「後ろ向き」の相談には積極的に応対してくれません。なぜなら、「債務者が二人」の状態から、「単独の債務者」に代わることになり、銀行にとっての返済条件が悪くなるからです。本音では、たとえ離婚しようともローンが終わるまでは二馬力で返済し続けて欲しいと思っています。全ての銀行がそうであるとは言いませんが、これが実情です。
画像2
銀行が一本化を拒む根拠は、ローンの契約書に書かれていて、そのことは契約時にひととおりの説明を受けているはずです。しかし、思い返してください、契約なんて、適当に話をきいて、訳も分からずに署名して、ハンコをついて・・・を繰り返しただけで、ロクに理解していませんでした、というのが感想ではないでしょうか。重要なことは、ペアローンは、夫婦の収入を合算することを前提としているローンであるということです。銀行としては、あらゆる事態を想定して契約を締結していますので、今より悪い条件になるような変更には簡単に応じてくれないと思ってください。

問題の解決へ

全国対応可能
いままでにペアローンや連帯債務が足かせとなって離婚手続きが前に進まなくなるという事例をたくさんみてきました。そして、私たちがこの問題を一つでも多く解決に導かなければならないとの思いがあり、当センターを開設するに至りました。まだまだ、上記のような法律や金融機関の制度に置き去りにされ、離婚した元夫婦が住宅ローンでつながりを持ち続けているという事案が多くあります。

私たちには、多数のご相談を頂き、問題解決に携わってきた実績があります。また、蓄積してきたデータを用いた経験は、他社には真似ができないものと自負しております。
画像4
ペアローンの処理については離婚協議書の作成や、金融機関の手続きなど、夫婦二人でやらなければならないことがあります。いわば、「最後の夫婦共同作業」ということになります。そして、それをするためには、第三者である専門家が介在することはとても重要なことであると考えます

銀行に断られた、不動産業者から売却の電話がひっきりなしにかかってくる、他社に相談して不安になった・・など当センターには多種多様なご相談が寄せられにつけ、ペアローンの問題の深刻さを日々感じています。 それだけに一日でも早くこの問題を解決することが、「人生の再スタート」をする上でとても重要であると考えています。

当センターにお任せください!

お客様の声

「誰に相談するのか?」によって、結論が変わってしまうことも当然にあります。例えば、ご自分の判断で「売却しか方法がない」と思われて不動産業者に相談に行けば、売却しか道筋がありませんし、銀行員が「このケースはどの銀行に行っても断られますよ」との誤った判断で、一本化できるにも関わらず結果的にペアローンを放置する選択をとらざるを得ない場合もあります。
もちろん、当センターでも、売却やペアローンをそのまま放置するという選択をお勧めするケースもあります。しかし、他にもっと有益な手段があるにもかかわらず先のような選択をする場合とは大きく異なることになることは言うまでもありません。

また、ローンの一本化が可能なご夫婦だけではなく、一本化できないご夫婦、一本化を望まないご夫婦についても今後起こりうる問題について知っておかなければならない事柄をお伝えします。さらには、一本化はできるが売却を選択するというご夫婦もいれば、現状では売却しか選択できないご夫婦でも住み続けたいという要望もあると思います。

私たちは、ペアローンの問題を解決するために、全力でサポートすることをお約束いたします。

 
まずは「ご依頼の流れ」をお読みいただき、「お問い合わせ」のフォームから、ご連絡ください。お問い合わせをお待ちしております。

 

information

業務案内
※年末年始の休業日について
日頃より当センターをご利用いただき、誠にありがとうございます。
下記期間中は、当センターは休業いたします。
【2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)】
・メールフォームをご利用していただいての「お問い合わせ」については随時受け付けております。
ただし、この場合のご返信は、2020年1月6日(月)となります。あらかじめご了承願います。
・継続中の案件に関しては、休暇中であっても個別にご対応しております。

お問い合わせはこちら

最新情報

ペアローン離婚相談センター 0120-10-7771
[営業時間]
平日9:00~18:00
時間外・土日祝日も対応
(要予約)
東京相談センター
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-1-6
渡東ビルANNEXⅡ304
03-5823-4641
大阪相談センター
〒594-0076
大阪府和泉市肥子町2-3-31
あすかビル203
0725-44-2611

モバイルサイト

ペアローン離婚相談センタースマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら