ペアローンの離婚による一本化など解決|ペアローン離婚相談センター|大阪府和泉市 東京都千代田区

夫婦の住宅ローン・ペアローン・連帯債務の一本化、解消、借り換え、任意売却など、24時間相談受付

ペアローン離婚相談センター

HOMEお知らせ ≫ 共有名義のままであることのリスク⑥ ≫

共有名義のままであることのリスク⑥

住宅ローンをそのままに離婚するのも選択肢ですが、売却することで、元夫との共有名義、あるいは連帯債務などの関係の解消を優先的に考えることも必要なことです。
これは、夫の単独名義だったとしても、慰謝料代わりに「元夫が住宅ローンを支払い続け、元妻らが住み続ける」という選択の場合も避けたほうが賢明でしょう。
元夫にも新しい生活があります。慰謝料代わりの住宅ローンであったとしてもいつまでも支払ってくれる保証はありません。
もちろん、マイホームに住み続ける元妻が、ペアローンの支払いをすべて引き受けるとしたときも、問題が残ることに変わりはないでしょう。


お問い合わせ
2019年09月19日 18:43
ペアローン離婚相談センター 0120-10-7771
[営業時間]
平日9:00~18:00
時間外・土日祝日も対応
(要予約)
東京相談センター
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-1-6
渡東ビルANNEXⅡ304
03-5823-4641

モバイルサイト

ペアローン離婚相談センタースマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら